FC2ブログ
救える命を救いたい
~私達にできること~
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急車の出動、昨年は6.2秒に1回に減少
総務省消防庁は9月8日、救急自動車の出場件数や搬送人員などを取りまとめた2008年の「救急・救助の概要(速報)」を公表した。それによると、救急自動車は6.2秒に1回の割合で出場しており、国民の27人に1人が搬送されたことになる。
 速報によると、昨年の救急自動車の出場件数は509万5615件(前年比3.7%減)で、搬送人員は467万7225人(同4.6%減)だった。
 119番通報入電時刻から現場到着までの時間は平均で7.7分、病院収容までは平均で35.1分だった。
 また、消防防災ヘリコプターの出場件数は6496件。このうち、救急での出場件数は全体の50.4%に当たる3276件(同109件増)で、共に過去最多となった。
 このほか、器具による気道確保や除細動、静脈路確保や薬剤投与といった救急救命士が救急救命士法に基づいて行う処置件数は9万2608件(同9.8%増)に上った。
 また、消防機関が一般市民を対象に実施する応急手当て普及講習の修了者数は年々増加し、昨年は160万人を超えた。
 速報では、救急搬送の対象となった呼吸や心臓が停止している状態の人の約40.7%に当たる4万6149人に、一般市民が胸骨圧迫(心臓マッサージ)、人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)による除細動などの応急手当てを実施していることも明らかになった。
 さらに、救急搬送された心肺機能停止傷病者のうち、原因が心臓にあり、かつ一般市民の目撃があった症例の1か月後の生存率と社会復帰率が年々上昇し、昨年はそれぞれ10.5%と6.4%だった。
 その理由について同庁では、「消防機関が実施する講習の受講者の増加やAEDの普及、救急救命士のできる措置が増えたことなどが関連しているのではないか」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000005-cbn-soci
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/1004-73c3e086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。