FC2ブログ
救える命を救いたい
~私達にできること~
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅ホームで心肺蘇生法実践 人命救う 兵庫
AEDが使用され、尊い命が救われました。 


伊丹市立伊丹特別支援学校の教諭2人が15日夕、尼崎市の阪急塚口駅ホームで意識不明となっていた女性に心肺蘇生法を施し、人命救助に一役買った。救急隊を派遣した尼崎市消防局は「適切な処置」と評価。2人は4月に同校で開かれた人命救助の講習を受けており、「講習が生きた。無事で良かった」と胸をなでおろした。
 柳瀬麻岐さん(24)と成末世都さん(24)。10月に学校行事として兵庫県立芸術文化センター(西宮市)でオーケストラを鑑賞するのを前に、学校からの道順などを下調べしている途中だった。
 午後4時半ごろ、阪急塚口駅で三宮行きの電車に乗車した際、後方のホームで40代の女性があおむけに倒れているのに気付いた。柳瀬さんらは電車を飛び降り、「大丈夫ですか?」と何度も呼び掛けたが、女性は反応せず、呼吸も浅かった。
 柳瀬さんは近くにいた駅員に、自動体外式除細動器(AED)の用意と、救急車の要請を依頼。2人でAEDの電極パッドを女性の体にはり、脈拍を測ったところ心臓は正常と分かり、柳瀬さんが人工呼吸を行いながら救急隊の到着を待った。
 女性は救急車内で意識を回復。尼崎市消防局は「意識不明の患者にAEDを使ったのは正しい処置」と評価し、同校の橋詰和也校長(54)も「子どもに何かあっても安心」と2人をたたえた。
 2人が実際に人命救助にあたるのは初めて。成末さんは「講習を受けていたから救助しようと思えた」。柳瀬さんは「反射的に体が動いた。命は何よりも大事だから無我夢中だった。次はもっと冷静に対処したい」と話していた。(金 旻革)
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0002353867.shtml
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/1014-41b4e8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。