救える命を救いたい
~私達にできること~
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢湾台風:襲来から50年 災害に強い地域づくりを 三重
参加された皆さん、おつかれさまでした。



死者・行方不明者5000人以上を出した伊勢湾台風襲来から50年になる26日、被災経験を生かして災害に強い地域づくりを進めていこうと桑名市長島町西川の輪中ドームと輪中の郷で「2009防災のつどい・みえ」が始まった。27日まで。
 輪中ドームで開かれたオープニングセレモニーでは、遺族約300人が献花して犠牲者の冥福を祈った。野呂昭彦知事は「市町や各機関と連携して災害に強い町づくりを進めます」とあいさつした。
 午後からは、米国の女優シャーリー・マクレーンさん夫妻から被災地に贈られた「愛のピアノ」の伴奏によるコンサートが行われ、桑名市の城東小、伊曽島小の4年生と、木曽岬町立木曽岬小の5年生が合唱を披露。小学校のときによく愛のピアノを弾いていたという伊曽島小出身の中学校教諭、市野多美枝さん(55)=愛知県津島市=の指揮で「この星に生まれて」などを歌った。木曽岬小5年の今泉愛歩さん(11)は「50年たってもピアノが残っているのはすごいことだと思った」と話していた。
 シンポジウムも開かれ、河田恵昭・関西大教授が「高潮は都市震災の10倍の死亡率をもたらす。水害に備えて、情報を活用して『情』の通ったメッセージを発信することが重要だ」と講演した。
 また、隣接する「輪中の郷」では、映画「伊勢湾台風物語」の上映や桑名市消防本部による「AED(自動体外式除細動器)体験コーナー」、炊き出し訓練などが行われた。【高木香奈、井上章】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000049-mailo-l24
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/1023-a951524d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。