FC2ブログ
救える命を救いたい
~私達にできること~
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過疎化進む檜原村 東京
都心から西へ約50キロの檜原村。面積の約9割を森林が占め、かつては林業で栄えたが、産業の衰退や若者の流出で急速な過疎化が進む。高齢化率は都最大の41%に達し、高齢者だけで暮らす世帯も多い一方、地域のつながりが人々の生活を支えている。都会の「孤独死」が問題となる中、地域コミュニティーが色濃く残る過疎の村を歩いた。【袴田貴行】
 ◇情報共有で見守り活動
 山梨県境に程近い村最奥部の「数馬地区」。8月10日、10年前に廃校となった檜原小数馬分校の校舎跡に、地域の高齢者や子供たち約50人が集まった。主婦たちがお好み焼きやウインナーなどを作り、50円で販売。子供やお年寄りたちが昼食を共にし、村役場の福祉担当の職員らも加わって、会話に花を咲かせた。
 数馬地区では、地元住民の有志が毎月1回、地域の高齢者たちを集めて「いきいきサロン」を開催している。高齢者たちが地域の人々と顔を合わせ、食卓を囲んで世間話をしながら、互いの近況を報告し合う。1人暮らしの高齢者も多い同地区では、普段から高齢者の情報を共有することで、地域ぐるみの見守り活動につなげようとしている。
 村北部の樋里地区に住む大野光春さん(83)は、99年に引退するまでの33年間、地元で民生委員を務めてきた。大野さんが民生委員を始めた昭和40年代前半は、ちょうど村の基幹産業だった林業が衰退に向かい始めたころ。「山の仕事がなくなると、村では役場か郵便局くらいしか就職先がなくなり、若者の多くは仕事を求めて村を出て行くようになった」。かつては、どの家庭でも同居する子供が年老いた両親の面倒を見るのが一般的だったが、核家族化の進展とともに、村でも次第に高齢者のみの世帯が増えていった。
 そんな大野さんも、現在は妻セツ子さん(80)と2人で築約300年の自宅で暮らす。2男2女は都内と川崎市に住み、7人の孫たちも成長して訪ねてくることはめっきり減ったが、「生活の不安や寂しさはない」という。近所では、朝、雨戸が開かなかったり、夕方になっても電気がつかない家があると近くの住民が声をかけ、日中には気軽に家々を行き来して他愛もない世間話に時を費やす。「田舎は、集落全体が家族みたいなもの。都会と違い、隣近所の『他人同士』が助け合い、支え合いながら生きている」。大野さん夫婦は、生涯、村で暮らしていくつもりだ。
 そんな高齢者たちの生活を、行政もさまざまな角度からサポートする。村は今年4月、高齢者のいる世帯を対象に「救急医療情報キット」の配布を始めた。キットでは、かかりつけ医の情報や緊急連絡先が書かれた用紙を筒状の容器に入れて、冷蔵庫に保管。高齢者が急病を発症した際、医師や救急隊員に患者の情報を素早く、正確に把握してもらうのが目的だ。また、村の高齢者たちを対象に応急救護講習を開催し、AED(自動体外式除細動器)の使用法や心臓マッサージを教えたり、介護予防教室を開いて筋力体操や口腔(こうくう)ケアの指導を行うなど、高齢者の自立生活を側面支援する。
 村唯一の社会福祉士で、福祉けんこう課の森田那帆さん(26)は「元気なうちは村で暮らせても、疾病や障害を抱えて施設や病院に入るとなると、村を出て行かざるを得ない。いつまでも健康を保ち、少しでも長く村で暮らしてもらうため、行政としても手助けしていきたい」と話している。
………………………………………………………………………………………………………
 ■メモ
 ◇理想の「老後」の姿とは…
 村では今年に入り、1人暮らしの高齢者が自宅で突然死し、最長2日後に発見されるなどの事例が発生した。都会の集合住宅などで、地域から孤立した住民が必要な支援を受けられず「孤独死」するような事例は問題だが、高齢化と核家族化が進む現状では、1人で暮らす高齢者が誰にもみとられずに死を迎えるケースは避けられない。世界に類を見ない高齢化社会に直面する日本。理想の「老後」の姿とは……。社会全体での模索は続く。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091001-00000001-mailo-l13
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/1025-8ecb428f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 檜原村

檜原村の天気 檜原村のニュース 檜原村の口コミ情報... Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』【2009/10/15 14:56】

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。