FC2ブログ
救える命を救いたい
~私達にできること~
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心肺停止の応急手当て 住宅で実施14.7%
東京消防庁管内で昨年、住宅内で心肺停止で倒れた人のうち、家族らから心臓マッサージなどの応急手当てを受けた人は、14・7%にとどまっていたことが同庁のまとめで分かった。早期の応急手当てが救命につながることから、同庁は、スムーズに応急手当てができる技術を身に付けてもらおうと、救命講習の普及をさらに進める方針。
 同庁管内で昨年、心肺停止で倒れた人は計約一万二千人。住宅で倒れた人が大半を占め八千八百七人に上ったが、心臓マッサージか人工呼吸、自動体外式除細動器(AED)の応急手当てを受けた人は千二百九十四人だった。応急手当てをする人がいなかったケースもあるが、手当ての方法が分からなかったケースも多かったとみられる。
 一方で、駅で倒れた二百九人のうち八十六人(41・1%)、デパートなどで倒れた二十八人のうち十三人(46・4%)が応急手当てを受けており、不特定多数が出入りする場所は比較的高率だった。
 同庁では昨年、救急車の出場から現場到着までにかかった時間は平均六分五秒。家族や現場に居合わせた人の応急手当てが救命へのカギとなる。同庁で昨年度末までに救命講習を受けた人は計約百九十万人に上るが、同庁はさらに受講者を増やすことが救命率向上につながるとみる。 (佐藤大) 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20091006/CK2009100602000051.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/1030-69ba449b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。