救える命を救いたい
~私達にできること~
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟大医歯学総合病院:新潟に高度救命センター 10月1日に開設
救える命が増えますね。



新潟大医歯学総合病院(新潟市中央区)は、日本海側では初となる高度救命救急センター「高次救命災害治療センター」を10月1日に開設する。救急患者の受け入れ体制が強化され、ベッド数は現状の5床から20床に、専従の医師は12人から20人に増員される。12年度には屋上にヘリポートも設置する。
 県内では現在、新潟市民病院など4病院が救命救急センターとして機能している。高度救命救急センターは、24時間体制で重症患者などを受け入れることに加え、手足の切断や薬物中毒など従来の救命救急センターでは対応しきれなかった患者の受け入れも行う。
 同病院は08年4月に災害派遣医療チーム(DMAT)派遣病院に指定されており、04年の中越地震、07年の中越沖地震の経験を踏まえ、災害時の医療体制の強化も目指している。
 また、人工呼吸器や自動体外式除細動器(AED)などの機器を搭載した救急車1台が6月に県厚生連から寄贈された。センターの開設とともに、患者の他の医療機関への移送や災害現場への医師の派遣の際に活用するという。【川畑さおり】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000087-mailo-l15
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/952-8b3aee41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。