FC2ブログ
救える命を救いたい
~私達にできること~
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症招く「無知と無理」
蒸し暑い日が続いています。
熱中症は防げる病気ですが、
症状が出ているのにも関わらず、何の対処もしなければ
死に至る場合もあります。

休息と水分摂取は忘れずに。
熱中症を防いで
楽しく夏を過ごしたいですね。





 夏休み真っ盛り。「子どもと夏」をテーマに、子どもの健康を脅かしかねない様々なトラブルとその対処法などを探ってみたい。
 初回は、熱中症。合宿や夏の練習に参加する子どもが多いなか、熱中症で倒れるなどの事故も後を絶たない。日本体育協会(東京)スポーツ科学研究室の伊藤静夫室長は「事故は『無知』と『無理』から起きる」と強調する。
 熱中症は、〈1〉血圧が低下し、顔面が真っ青になる「熱失神」〈2〉脱力感、倦怠(けんたい)感の激しい「熱疲労」〈3〉足や腕に痛みも伴う「熱けいれん」〈4〉「熱射病」――の四つに大別される。
 中でも怖いのが、死に至る恐れもある熱射病だ。応答が遅い、言動がおかしい、意識がないなどが特徴で、頭痛、吐き気を伴うこともある。こうした症状がある場合、「『日陰で休ませれば』と高をくくらず、すぐに救急車を呼んで」と伊藤さん。救急車が到着するまでの間、首、わきの下、足の付け根を氷で冷やして体温を下げる。
 熱中症の予防策は、無理をしないことだ。炎天下にあえて厳しい練習を行う指導者もいるが、「悪(あ)しき根性論」といえよう。子どもの体重を毎朝測り、減少が続くようなら、休養させる。練習内容も、気温の低い時間帯を選ぶなど、工夫が欠かせない。夏合宿は初日が要注意。体が環境に慣れていないので、事故が起こりやすい。
 気温が31度以上となると、熱中症になる危険性が高い「厳重警戒」区域。持久走や激しい運動は避けたい。35度以上になると「原則中止」。気温が低くても、湿度や日差しが強い場合は慎重な対応が求められる。
 水分は、随時補給が基本だ。摂取量は、野球、サッカー、バスケットの場合、練習前は250~500ミリ・リットル、練習中は500~1000ミリ・リットルが目安。市販のスポーツドリンクで補おう。
 「子どもの状態をよく見て練習を行うことが、結果的に、熱中症の予防につながる」と伊藤さんは話している。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/plus/20090804-OYT8T00487.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/970-02a89e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。