FC2ブログ
救える命を救いたい
~私達にできること~
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手柄連携プレー、室蘭イタンキ浜でサーファー助かる
AEDが使用され、尊い命が救われました。


 サーファー、看護師、救急隊員の連携プレーが40代の男性サーファーの一命を救った。

 事故は、8日午前11時30分ごろ、室蘭市東町のイタンキ浜で起きた。サーフィンをしていた女性が、波に流されている男性を見つけた。「おぼれている」と周囲に救助を求めて浜辺に引き揚げた。
 男性は既に心肺停止の危険な状態だった。サーフィンに来ていた中に救急隊員と看護師がいた。すぐに心肺そ生を施し、他のサーファーは119番通報した。間もなく救急隊が駆け付け、AED(自動体外式除細動器)を2度実施。自発的に呼吸できる状態に戻った男性は、市内の病院に搬送され、現在、意識が回復しているという。
 現場は、岸から20~30メートル付近で波は穏やかだった。深さは約1メートルと浅かった。男性を知る人は「男性はベテランサーファー。おぼれるはずがない」、近くにいたサーファーも「波のない中で、急に倒れるように海に落ちた」と証言。「心筋梗(こう)塞(そく)のような病気では」と推測する。
 救助に協力したサーファーたちは「救急隊員や看護師による的確な措置と、周囲の人たちも通報などで協力してくれた」と胸をなで下ろしていた。
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/08/09/20090809m_03.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/977-e3bbde6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。