救える命を救いたい
~私達にできること~
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生が応急担架作りに挑戦 新潟
みなさんおつかれさまでした。



災害時要援護者の避難誘導や救助の担い手として期待される中学生を対象にしたジュニアレスキュー隊育成講習会が19日、新潟市南区の白根カルチャーセンターで開かれた。中学生33人が参加し、新潟南消防署員らの指導で、応急担架の作り方や心肺蘇生(そせい)法などを学んだ。
 中高生に防災意識を高め、救助技術を身につけてもらおうと、同市が4年ほど前から続けている。
 この日は応急担架の実技訓練に挑戦。長方形の毛布を数回畳み、その折り目に物干し竿(ざお)を通した担架に交代で人を乗せてみた。「大きい人だともう少し毛布の幅があるといい」「担架を持ち上げるには力が必要だ」などと気付いたことを話し合っていた。
 AED(自動体外除細動器)の使い方を学ぶ訓練も行われ、講師は「救急車が到着するまでに、応急処置をすることで蘇生率が大きく変わる」と説明。「心臓マッサージは手で押すのではなく上体全体を使って」などとアドバイスした。
 小須戸中3年の男子生徒(14)は「毛布が担架になるのは意外だった。今日の訓練を生かせば災害時には何でもできると思いました」と話していた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=2&newsNo=160511
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sukueruinochi.blog94.fc2.com/tb.php/989-9164a552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カヲル

Author:カヲル
救える命があること
 AED+心肺蘇生法がすべての人の常識に なることを願って・・・
       ☆ 今日も生きています ☆

最近の記事

最近のコメント

訪問者数

最近のトラックバック

知ってほしいテキスト

不安になった時、悩んでしまう時、分からなくなった時、勉強したくなった時・・・ぜひ参考にしてください

  • 救命講習に参加する前に
  • 子供は未来の宝物~日常の危険から子供を守る~
  • AEDの不安解消~最初の疑問
  • 救急車の適正利用~どんなときに必要か~
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4冊子タイプ
  • 新スポーツ蘇生法&AEDの使い方 A4二つ折り両面印刷タイプ
  • 健康なこどもに起こる突然死 心臓震盪を知っていますか?
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    カテゴリー

    etc...

    Powered By FC2

    FC2Blog Ranking

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。